干物女の特徴!同性も幻滅する生活ぶり?

   2019/08/15

漫画やドラマで広まった『干物女』、もしかしたら貴女も他人ごとではないかもしれません。

今回は干物女の特徴についてご紹介していきたいと思います。

当てはまったら改善したほうが良いかもしれませんよ。

スポンサーリンク

干物女とは?

干物女とは、恋愛を楽しむわけでもなく、休日に誰かと遊ぶわけでもなく、仕事を終えたらまっすぐ家に帰ってゴロゴロしたりして、外と関わることに無縁な生活をする女性を『干物女』と呼ぶようです。

漫画でそういった女性を干物女と呼ばれたことがきっかけで、この言葉が広まったようですね。

干物女とは逆に『素敵女子』と分類される女性もいます。

素敵女子とは、女性としての磨きを忘れることなく、休日は友人たちと遊んだり、アウトドアな生活をし、恋愛もしっかりと楽しむような女性で、まさに干物女とは真逆の存在にあたります。

スポンサーリンク

干物女の特徴や性格

素敵女子とは真逆の干物女ですが、干物女の特徴をご紹介したいと思います。

当てはまったら、干物女か干物女予備軍かもしれませんよ。

休日の予定は作らない

干物女の休みは、一人でゴロゴロとまったり楽しむ傾向があります。

よって休日に予定は入っていることは無く、外には出掛けないということがもっぱらのようです。

一人のほうが気楽という傾向があるため、友人に遊びに誘われても断ったり、会社の飲み会も行かないなど、対人関係もあまり良くないという場合もあるようです。

家でまったりと過ごすのも時には必要ですが、休みの日だからとダラダラ過ごしてばかりなのは良くないですよね。

アウトドアに繋がるような趣味などがあれば、外に出ることや人付き合いも億劫に感じることが少なくなるかもしれません。

料理は極力しない

基本面倒くさがりの干物女は、食べられるなら手間ひま掛けて作った料理よりも、簡単に済ませられるカップ麺やコンビニ弁当などの手軽な食べ物を好みます。

せいぜい自分でやることと言えば、レトルト食品を食べるためのご飯を炊くという作業だけという場合も多いです。

現代は身近にコンビニがあるのは当たり前になってきましたし、手軽に美味しいものが買えるので、ついそういうものに頼ってしまいますよね。

しかし、料理は出来るにこしたことはないですし、カップ麺などばかりの生活というのは健康にもあまり良くないですから、なるべく自炊を心がけると良いですね。

お洒落や美容健康に興味がない

恋愛や人と距離を置く傾向がある干物女は、お洒落や美容健康にも興味がわかない場合が多いです。

  • スキンケアがおろそか
  • ムダ毛の処理をしない
  • 太っているとわかってても痩せようとしない
  • 流行ファッションやメイクに興味がない
  • 古い服や下着はそのまま使い続ける
  • 髪型がいつも同じ
  • ネイルは面倒くさいから塗らない

女性なら気をつけたい部分を、干物女はテキトーにしてしまいます。

一人でいることが多い分、生活に支障がなければ、他はどうでもいいという感じのようですね。

見えない部分は酷い

干物女は仕事場などの表向きはしっかりとしていますが、中身は面倒くさがりですので、人に見られない部分は酷い有り様という傾向があります。

  • ムダ毛の処理をしない
  • 鞄の中や机が汚い
  • 下着がボロボロ
  • 家ではジャージか古い部屋着
  • 家でのご飯は、コンビニ弁当・レトルト・カップ麺ばかり

素敵女子であれば、部屋着も下着も可愛いものにするでしょうし、鞄の中もポーチで小分けしたり、家では自炊したり美容健康に気を使う生活というような、女子力や几帳面さがあらわれます。

しかし干物女の場合、見えない部分では女子力に欠けていたり、だらしない面が垣間見えるといった感じのようです。

干物女じゃなくても、人から見られない部分はつい気が緩んでしまいがちですので、わからなくもないですね。

しかし、そういった面がいつどこでポロッと出てしまうかわかりませんから、やはり干物女うんぬんの前に、人から見えない部分もしっかりしたほうが良さそうです。

恋愛事は拒否

干物女は「どうせ上手くいかない」と、恋愛に対して諦めみたいなものを抱いている為、お見合いや合コンの誘いは断る傾向があります。

男性と会う為に、お洒落したり気を遣うぐらいなら、家でゆっくり過ごしたいと思うようです。

恋愛が人生の幸せとは限りませんが、恋をすることで魅力的に変わる人も多いですよね。女性は特にその傾向が強いかと思います。

せっかく男性との出会いがあるのに、それを無駄だとか面倒だと考えて断ち切ってしまうのは、自分を魅力的に変えるチャンスを失い、干物女に繋がってしまうことになるかもしれません。

例えその男性が運命の人でなくとも、男性と出会う場に赴いて、女性らしいファッションやメイクでお洒落したり、素敵な人がいるかな~とワクワクすることで、女性としての心を忘れないことにも繋がります。

男性との出会いがきっかけで変わったという人も少なくありませんので、面倒くさがらずに出会いの場は大切にしていくと良いですよ。

面倒くさがりな性格

干物女は生活していく上で、自分のことや恋愛や人間関係などは極力最低限で済ませたいと思う傾向があります。

やらなくて済むならやらないといった面倒くさがり屋な性格が多いようですね。

「どうせ自分なんかが頑張ったところで…」と諦め、自分磨きや恋愛を面倒に思ったり、人との関わりを鬱陶しく思い「一人のほうが気楽」と人と会うのを面倒くさがるなど、何事も面倒くさがる傾向があるようです。

疲れている時などは何事も面倒に感じますが、常に何に対しても面倒となると、人として駄目になっていくばかりです。

自分で面倒くさがり屋だと実感してる人は積極性を持ったり、口癖が「面倒くさい」の人は言わない努力から始めてみると良いかもしれませんね。

大切なことって割と面倒なことばかりですから、面倒だと思ったら自分にとってプラスになることだと考えるのも良いですよ。

スポンサーリンク

干物女から素敵女子へ

女性としてだけでなく、人間性にも関わってくる場合があるので、改善しなければと思っている女性はこれを機に頑張ってみてはいかがでしょうか。

素敵女子になれば、人生観も大きく変わると思いますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事