水瓶座AB型男性の性格・恋愛傾向・相性がいい星座女性とは

   2019/05/24

水瓶座AB型男性には理解力が必要?

水瓶座AB型男性の性格・恋愛傾向・相性がいい星座って?

水瓶座AB型男性が好きな女性は特徴を理解して、攻略する参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

水瓶座AB型男性の性格

天才肌

水瓶座AB型男性は天才肌と言われることが多い人です。

閃きや発想力に優れており、難しいことでも器用にこなすので、水瓶座AB型男性は一目置かれる存在になりやすいです。

周りより優れている傾向がある水瓶座AB型男性なので、何かと頼りにされることが多いでしょう。

独自の世界観を持っている

水瓶座AB型男性は、独自の世界観があります。

そんな世界観を持つ水瓶座AB型男性に、ミステリアス・個性的・変わってる人という印象を持つ方も少なくないでしょう。

水瓶座は個性的な人が多いですが、水瓶座AB型男性は特に独自の世界観というものが強いので、個性的な人が多いです。

自由を好む

自分の世界観を持っているということもあり、水瓶座AB型男性は自由を求めます。

なので、一人の時間や他の人と交流する時間などは、水瓶座AB型男性にとって必要な時間になります。

水瓶座AB型男性が持つ世界観を、周りに理解してもらえないということも少なくないので、一人になりたいという気持ちが強くなり、自由を求めるという場合もあります。

博愛主義で優しい

水瓶座AB型男性は博愛主義で優しい性格をしているので、分け隔てなく人と接します。

自分に独自の世界観があるということもあり、人の考えや個性を柔軟に受け入れます。

人の印象で好き嫌いせずコミュニケーションを取るので、交流のある人達から好かれることが多いでしょう。

理解してくれる人だけいればいい

博愛主義でコミュニケーションも上手いので、決して人と関わるのが下手ではない水瓶座AB型男性ですが、自由でいたいという気持ちがある為、基本的に人付き合いを頻繁にするほうではありません。

自分の世界観を理解してくれる人がいれば良いという考えなので、広く浅くな人付き合いをする傾向があります。

本当に仲の良い人でなければ、そこまで人に干渉しないタイプと言えるでしょう。

スポンサーリンク

水瓶座AB型男性の恋愛傾向

束縛嫌い

水瓶座AB型男性は束縛をとても嫌う傾向があります。

外向的で自由を求める風のエレメント(水瓶座)は、誰かとずっと一緒という現状は好きではありません。

例えそれが恋人や家族であってもです。

なので、いくらパートナーや大切な家族であっても常に一緒というのは水瓶座AB型男性にとって苦痛になります。

友人と会う時間や一人の時間を制限されてしまうと、水瓶座AB型男性は不満が溜まっていくでしょう。

なので、水瓶座AB型男性に束縛は決してしないようにしましょう。

一途

水瓶座AB型男性は、そこまで恋愛を重視してはいないので、パートナーができたら一途です。

しかし、居心地が悪いという場合には愛情が冷めて、浮気や別れに繋がる可能性はあります。

束縛をしたり、世界観を理解してあげられないなどは、水瓶座AB型男性の愛情が冷める原因になりますので気をつけましょう。

友達のようなあっさりした関係が好き

自由でいたいという気持ちのある水瓶座AB型男性は、好きな人との関係においても自由な関係を求めます。

互いに依存することなく、自立した関係を保ちながら付き合うという友達のようなあっさりとした恋愛関係を好みます。

なので、友人の延長線から水瓶座AB型男性の恋人になる女性も少なくないでしょう。

ドライな恋愛

自分の時間を好きなように充実させたい水瓶座AB型男性なので、恋愛はややドライな傾向があります。

友達のような関係を好むため愛情表現が少なかったり、ベタベタと一緒にいることを嫌う水瓶座AB型男性なので、ある程度距離感もあり、情熱的な恋愛になることは少ないでしょう。

一途ではあるものの恋愛にドライなので、理解できる女性でないと不安になることも多いかもしれません。

アプローチはしない

自分の世界観があり、自由を求める水瓶座AB型男性なので、恋愛にはそこまで意欲的ではなく、自分からアプローチをしない傾向もあります。

消極的というわけではなく、水瓶座AB型男性の恋愛に対する姿勢が、良い女性と巡り会えたら恋愛をするぐらいの気持ちな為、ガツガツしないという恋愛傾向になります。

友達として仲良くなり、ある程度付き合いが長くなったら、女性のほうからアプローチをしていくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

水瓶座AB型男性の相性がいい女性

程良い距離感で付き合える女性

ベタベタとした関係ではなくあっさりとした恋愛を好む風の星座の水瓶座AB型男性なので、程良い距離感で付き合える女性と相性が良いです。

寂しさを強く感じるような女性や、パートナーへ依存する女性、不安のあまり束縛をしてしまうような女性は、水瓶座AB型男性の自由が制限される為、上手く付き合うことは難しいでしょう。

精神的に自立しており、大人な恋愛を楽しめる女性や、友達のようにあっさりとした恋愛を楽しめる女性ならば、水瓶座AB型男性も縛られることなく付き合えるので、相性良く関係を築いていけるでしょう。

世界観を理解できる女性

水瓶座AB型男性は自分の世界観を理解してくれる女性に惹かれます。

見た目や性格は好きだけど、水瓶座AB型男性の変わった部分には理解し難いとなると、自分の世界観を大切にする水瓶座AB型男性とは上手く付き合えません。

「変わってるところも好き」「個性的なところに惹かれる」という考えの女性ならば、水瓶座AB型男性も一緒にいて心地良く感じ、自由を求めたとしても、パートナーの元へと戻ってくることでしょう。

変わった部分を直してほしいなどと言ってしまうと、水瓶座AB型男性は他に理解してくれる女性を求めてしまうので気をつけたほうが良さそうです。

スポンサーリンク

水瓶座AB型男性の相性がいい星座

水瓶座AB型と相性が良い星座(エレメント)のご紹介です。

風・火・土・水のグループごとに水瓶座AB型男性との相性をご紹介していきます。

水瓶座AB型男性と風の星座

水瓶座AB型男性は風の星座(エレメント)になります。

風の星座は双子座・天秤座・水瓶座であり、これらの星座は外向的で自由を求める傾向があります。

エレメント同士の相性では、同じエレメントは相性が良いとされており、風の星座である水瓶座AB型男性と同じく風の星座女性は相性が良いとされています。

水瓶座AB型男性はあっさりとした付き合いを求める為、同じく自由を求め束縛を嫌う風の星座女性は、水瓶座AB型男性と上手くいきやすいでしょう。

水瓶座AB型男性と火の星座

火の星座は牡羊座・獅子座・射手座であり、これらの星座は情熱的・直感的な傾向があります。

風の星座である水瓶座AB型男性と火の星座は相性が良いとされている為、水瓶座AB型男性と牡羊座・獅子座・射手座女性は上手くいきやすいでしょう。

火に風が吹き込むと燃え上がるように、風と火の星座が一緒になることで、恋愛も炎のように燃え上がる傾向があります。

仲良くなる前からガツガツと積極的すぎるのは良くありませんが、水瓶座AB型男性は自分からアプローチしない傾向があるので、火の星座の情熱的でストレートなアプローチができるところは、恋の発展に繋がる可能性を高める為、とても良いでしょう。

まずは仲の良い女性というポジションを確立し、それからアプローチするようにしていけば、水瓶座AB型男性との恋愛も一気に燃え上がりそうです。

水瓶座AB型男性と土の星座

土の星座は牡牛座・乙女座・山羊座であり、これらの星座は安定を求める傾向があります。

エレメント同士の相性で見ると、風の星座である水瓶座AB型男性と土の星座の相性は良くも悪くもないとされています。

土の星座は恋愛や結婚に対する姿勢は真面目でゆっくりな傾向があり、水瓶座AB型男性も恋愛はできたらするというマイペースさがあるので、仲の良い友人関係になったら、いつの間にか恋愛関係に発展していたということもありそうです。

土の星座女性が水瓶座AB型男性の自由さを理解できるなら、精神的に自立している傾向がある土の星座ですので、水瓶座AB型男性と程良い距離感を保ちながら、上手く付き合っていけるでしょう。

水瓶座AB型男性と水の星座

水の星座は蟹座・蠍座・魚座であり、これらの星は深い愛情を持つ傾向があります。

エレメント(星座)相性では、水瓶座は風の星座にあたり、水と風の相性はあまり良くないとされています。

あっさりとした恋愛を求める風の星座(水瓶座)と深い愛情を求める水の星座は、互いの恋愛に求めるものが合わせることができません。

深い愛情を注ぎ、相手からも愛情を実感することで恋愛関係を確立していく水の星座には、パートナー以外との時間も大切にしたり、友達のような付き合いで愛情表現が少ないなどのドライな恋愛をする水瓶座AB型男性に不満を持ちやすいです。

水の星座が水瓶座AB型男性に、愛情を執拗に求めず、程良い距離感で付き合えるなら、上手くいくでしょう。

水瓶座AB型男性との恋愛に寂しさや不満を持ってしまうようなら、あまり良い相性とは言えないかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

水瓶座AB型男性は個性と自由の塊ですので、理解力がないと付き合っていくのが難しいかもしれません。

水瓶座AB型男性を好きになったら、まずは仲良くなることに専念して、それからゆっくりアプローチしていくようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事