女性の特徴

不幸な結婚になりやすい女性の特徴

結婚とは幸せの形とも言えるものですが、必ずしも幸せといえないのが結婚だったりしますよね。

不幸な結婚になりやすい人というのは、共通するような部分があったりします。

今回は『不幸な結婚になりやすい女性の特徴』について、ご紹介したいと思います。

もちろん絶対的なものではありませんから、結婚を考えているという人は、ちょっとした参考程度に目を通してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

不幸な結婚になりやすい女性の特徴

人を妬む・感謝がない

人を妬んでばかりな人というのは、相手の幸せばかり目が入って、自分にある幸せに気付けない人が多いため、結婚生活にも不満を持ちやすく不幸になりやすいでしょう。

自分の家庭と知り合いの家庭を比較して、うちの旦那は稼ぎが少ない・うちの子供はあの家の子より成績が悪いなど、勝手に比較しては妬み、家族に不満を持ったりします。

そういう人は、旦那さんが家族のために働いてくれていることに感謝がなかったり、子供が健康に育ってくれている幸せに気付かないので、今ある幸せには有り難みを感じず、勝手に自分で自分を不幸な結婚だと決めつけてしまう傾向があるでしょう。

相手側の家族とまともに交流せず結婚

付き合っている間、挨拶などで1、2回程度しか男性側の家族と交流していない人は、結婚してから男性側の家族に問題があることに気付き、苦労するパターンがあります。

結婚とは、その男性の家族に入るわけですから、お付き合いしている男性だけ良ければいいわけでもないのです。

実際に、相手の親や家族が原因で喧嘩や問題が絶えなかったり、離婚するということもあります。

もちろん交流したところで、相手側の家族の悪い部分を全てわかるわけではないでしょう。結婚する前だけ良い顔してる家族だっていますから。

しかし、全く交流しないで結婚するよりは、どういった家族なのかを知る機会を多くしたほうが良いかと思われます。

結婚は男性側との相性だけでなく、相手側の家族との相性も関わってきますので、相手側の家族と交流することを面倒くさがっていたり、渋っていると後々自分が不幸になる可能性があるかもしれません。

また男性側が自分の家族と交流したがらない場合も、いざ自分の親に何かあった時、親身になってくれないということもあります。

男性の顔や経済力だけで結婚

男性の目に見える良い部分だけで結婚すると、不幸な結婚になるという人も少なくありません。

恋愛において、顔がカッコいいから好きになったということは少なくないでしょうが、幸せな結婚に顔の良さは関係ないですよね。

酒癖や女癖が悪くて、ギャンブルばかりしていても、その女性にとっての幸せが自分の夫の顔の良さにあるという場合なら別ですが、そんな人はほとんどいないでしょう。

お金は結婚や人生において大切なものですが、お金を持っている男性と結婚すれば幸せになれると思っていた女性も、結婚してから”お金だけでは幸せになれない”と気付くパターンは少なくありません。

男性のそういう部分だけを評価して結婚してしまうと、不幸な結婚になりやすいでしょう。

男性が趣味に使っている費用を把握していない

誰にでも趣味というのはあるかと思います。趣味は人生を豊かにしてくれるものですし、趣味を持つのはいいことです。

お付き合いしているなら、その男性がどういった趣味を持っているか知っていることも多いでしょう。

しかし、その男性の趣味は知っていても、その趣味に掛けている費用までは把握していない女性も少なくないのではないでしょうか?

結婚してからの問題で、結婚相手が趣味にかける費用のことで揉めるという夫婦も少なくありません。

付き合っている時は、男性が自分の稼いだお金で払っているわけですから、女性も自分に影響があるわけではない為、特に気にかけることもなかったと思います。

しかし結婚するとなると、夫の給料は家のお金となり、付き合っていた時はなんとも思わなかったことも、家計に影響を及ぼすほど趣味にお金をかけているとわかると、やはり不満を抱くようになったり、奥さんが苦労するということも少なくありません。

趣味に対して相手の男性がどのくらいお金を掛けているかを知らない場合、結婚してから相手の男性とお金の価値観の違いで不幸になるということになるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

以上が不幸な結婚になりやすい女性の特徴でした。

もちろん色々な夫婦の形がありますので、あくまでちょっとした参考程度にお考えください。

タイトルとURLをコピーしました