恋愛の悩み

好きバレしやすい男女の態度はこれ!バレたくない時に心がけたい5つのポイントもご紹介

自分から好きな人が誰なのかを言っていないのに、なぜか周りの人間や好きな人に気持ちがバレてしまっているという経験はないでしょうか?

そういう人は言わずとも、態度や仕草で好意がわかりやすい傾向があります。

好きバレしてしまったことで意識されるキッカケになることもありますが、その一方で周りから冷やかされたり、好きな人と距離を縮める前に逃げられてしまったりすることもあるので、できることなら隠しておきたいものですよね。

よって今回は好きバレしやすい人の特徴や好意を匂わせてしまっている態度についてのご紹介をしたいと思います。

また、好きバレしない為のポイントについてもご紹介しますので、悩んでいらっしゃる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

好きバレしやすい男女の態度

髪の毛でハートの形を作っている女性

頻繁に見つめる

好きな人のことはやはり気になるものですから、ついつい見てしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、人の視線というのはその好きな相手だけでなく周りも気づいていたりします。

○○によく見られてる気がする…

あの女の子ばっか見てるけどアイツ好きなのか?

などのように、誰が誰を見ているのか&自分に視線を向けることが多い人間というのは意識されやすいです。

好きな人が自分の見える範囲にいると何度も目が行ってしまうという人は、好きバレしやすいでしょう。

連絡が多い&返信が早くなる

連絡が多くなったり返信が早くなるというのは、LINEやメールでの脈ありサインでもよく挙げられる特徴です。

ましてや、今までよりも相手のほうから頻繁に連絡されるようになったり、返信が遅かったはずの人が早くなれば違和感を感じます。

好きな人とは会えない時でも沢山話したいと思いますし、好きな人からの連絡に気持ちが舞い上がったり返信が遅れて嫌われたくないという心理から返信速度も速くなってしまうもの。

しかし、あからさまに今までと違うLINEやメールの仕方になってしまうと、恋愛経験が豊富だったり些細な変化に気づける相手であれば好きバレしやすいでしょう。

距離が近い&ボディタッチが多い

人間にはパーソナルスペースという縄張り空間がありますが、これは親しい人や好感を抱いている人だと嫌悪感や警戒心が薄れやすいとされています。

なので、恋愛面だと自然と好きな人とは距離が近くなる人は少なくありません。

また親しい関係になりたい&仲が良い心理から、距離が近くなるほかにボディタッチが多くなる傾向もあります。

貴方はなんとも思わない距離感であったとしても、相手が心を許していない&好きじゃない場合、パーソナルスペースに侵入されることで不快感を感じやすいですから、自分に気があるから近いのかもしれないと察する人は多いでしょう。

また、特定の異性の近くにばかりいたり、ボディタッチをやたらとしている光景を見れば、周りの人間も狙ってる&好意を抱いているんだと気づきますから、好きになると距離が近くなってしまうという人は好意がバレやすいです。

話題が好きな人ばかり

好きになると頭の中が常に好きな人のことばかりになるのは珍しいことではありませんが、周りの人との会話においても好きな人のことが中心という方は好きバレしやすいでしょう。

恋人の話題なら周りも「また惚気か」と納得しますが、付き合ってもいない相手の話ばかりになるのはやはり不自然です。

誰もが「その人のこと好きなの?」と思うことでしょう。

よって、常に話題が好きな人のことに偏っているという方は自ら「その人に関心があります」と言っているようなものなので、好きバレしてしまう可能性が高いといえます。

よく話しかける&ちょっかいを出す

恥ずかしくて見ているだけの人もいれば、好きな人を見かけたら話しかけられずにはいられないような人もいます。

特に男性は好きな女の子に意地悪をしたりからかったりして、ちょっかいを出したがる傾向がありますね。

他に異性がいるにもかかわらず、特定の異性にばかり話しかけることが多いと、周りからは気になってる相手なんだとなんとなくわかるもの。

誰でも興味のない異性にわざわざ関わろうとは思いませんから、一緒にいることが多い相手は特別な人なのだと周りにバレてしまいやすいでしょう。

やたらと褒める

まるで好きな芸能人を見たかのように「可愛い」「かっこいい」とべた褒めしていれば、特別視しているのは嫌でもわかるもの。

身近な異性を褒めることは時と場合によって誰にでもあるかもしれませんが、そう頻繁に褒めるというのは、異性として魅力的に感じていなければまずしないものです。

なので「やっぱり○○はかっこいいor可愛い」「誰よりも素敵」などのように、毎回好きな人のことを褒めていたり、褒めるような流れでもないのに好きな人を褒めてしまいがちな人は、周りに好きバレしてもおかしくないでしょう。

ましてや、好きな人に対しても直接言っているなら、さすがに異性から頻繁に褒められれば意識してしまうものですから、好意を寄せられている可能性を考えれるでしょう。

テンションが上がる

好意が感じられる行動はいろいろありますが、テンションが上がるというのも好きバレしてしまう一つになります。

特定の異性と話すと声が高くなったり、今までつまらなさそうにしていたのに、その人が来た途端に元気になったりするなど。

特定の相手の時だけテンションが上がるのを見ると

あの女子が来たから嬉しいんだろうな

○○ちゃん、あの男性の前だとよく笑ってる

というように周りは普段と態度が違うことに違和感を感じます。

そして、それがその異性に対してのみとわかれば、すぐに好意の可能性を考えるものです。

テンションの違いでどのようになるのかは自分ではわかりにくいので、自然に振舞っていたつもりなのに、なぜか好きバレしていたという人はテンションの高さで好意が出てしまっているのかもしれませんね。

顔が赤くなったり照れたりする

好きな人を前にすると照れてしまう人は少なくありません。

しかし、内心ではドキドキしていても、あからさまに態度に出してしまっては好意がバレてしまいますから、大抵の人は平然を装うものです。

逆に、それができずにモジモジしていたりデレデレしてしまうという人は、好きな相手にも周りにも好きバレしてしまうことになります。

わかりやすいというのは決して悪いことでもないのですが、好きバレするのが嫌なのであれば直す必要があるでしょう。

スポンサーリンク

好きバレしたくない時のポイント

ふざける学生

他の異性とも仲良くする

特定の異性とだけ接することが多いと周りは好意があるのではないかと疑うようになります。

なので、好きな人にばかり話しかけてしまうという人は、他の異性とも仲良くすることで好きバレしにくくなるでしょう。

誰とでも明るく気さくに話しかけるようにすれば、周りに「この人はどんな人とも分け隔てなく接する人」というフレンドリーな印象を与えることができます。

そうすることによって、好きな人と話していてもバレる可能性は低くなるので、コミュニケーションも取りやすくなります。

好きな人とばかり絡んでしまうのが好きバレしてしまうポイントなので、「好きな人とだけ話していたい」「他の異性が好きなのではないかと誤解されたくない」という気持ちがあるかもしれませんが、様々な人と仲良くするというのは人間関係が良好になったり、誰からも好かれやすくなることにも繋がりますから、広く浅くを心がけて他の異性ともコミュニケーションを取ってみるようにしましょう。

常に笑顔を心がける

顔や態度にに出やすいことで好きバレしてしまうという人は、どんな時も笑顔でいるように心がけてみましょう。

もちろん笑顔が不謹慎になるような場では慎むべきですが、そうでないときは笑顔でいるようにすると、普段と好きな人の前での態度に差がなくなりやすいです。

「楽しくもないのに笑えない」と思う方もいるかと思いますが、別にどんな時も大笑いしたりヘラヘラしろということではなく、少し口角を上げるだけでかまいません。

微笑んでいるように見えれば、照れているようにも冷たい態度にも見えないので好意が感じられることはないでしょう。笑顔を心がけることで愛想が良くなり、普段の印象も良くなるのでオススメですよ。

自分から好きな人の話をしない

自分から好きな人のことについて話してしまうと、勘のいい人はすぐに気付いてしまいます。

特にその人の名前が挙がるのは不自然だと感じられる状況で無理やり好きな人の話題を振ったりすると、「なんで今その人の話になるんだろう?」と聞いている周りは違和感を覚えます。

なので、あくまでも好きな人が話題の中心になった時だけ話すようにして、なるべく自分からは話題にしないほうが好きバレしにくいでしょう。

周りの人がその人のことを話題にしているのに会話に参加しないというのも、それはそれで怪しまれてしまうので、「好きな人のことは話さないようにしなきゃ…」と意識しすぎないように気をつけてくださいね。

人がいない時にコミュニケーションを取る

好きな人と話したいけど好きバレするのは嫌という人は、好きな人しかいない時を狙って話しかけると良いでしょう。

周りに人がいる状況で好きな人に話しかけたり仲良くしてしまうから好きバレしてしまうわけですから、なるべく二人きりになれるタイミングを見計らうのもポイント。

なかなか二人きりになることができないという方は、連絡先を聞いてLINEやメールでコミュニケーションを取るようにしてみましょう。

連絡ツールを使えば文字での会話ではありますが、好きな人と二人きりであることには変わりありませんので、人に見られる心配がなくオススメです。

LINEは程よくする

連絡ツールであるLINEやメールは日常以外に恋愛でも欠かせないものであり、好きな人との仲を深めるためにも一役買ってくれます。

しかし、あまりにもLINEなどで積極的な姿勢を見せてしまうと好きバレしやすくなってしまいます。

なので、今までよりも控えめに連絡するのが好きバレしにくいポイントです。例えばですが

  • 5分くらい経ってから返信内容を打ち始める
  • 話が一段落したら次の話題を振らずに終わらせる
  • 相手から来ない時は2日~3日に一回の頻度で連絡する

など、少々物足りないくらいにあっさりとした連絡のやり取りや頻度にすると、ただの友達や仲間として連絡してるようにしか感じられないでしょう。

文字のやり取りであっても、ガツガツとしてたり楽しんでいる様子というのは伝わりますから、誰も見てない&顔が見えない状況だからといって油断しないよう気をつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

好きバレについてのまとめ

以上が好きバレしやすい態度や改善ポイントなどについてでした。それでは、今回のまとめです。

好きな人や周りに好きバレしやすい行動や仕草は

  • よく見ている
  • 連絡が頻繁&早くなる
  • 距離が近い&ボディタッチ
  • 話題が特定の相手ばかり
  • 顔が赤くなる&照れる
  • よく話しかける&ちょっかい出す
  • やたらと褒める
  • テンションが上がる

になります。

そして、好きバレしやすい人が改善するために心がけたいポイント

  • 他の異性とも仲良くする
  • 普段から笑顔を心がける
  • 自分から好きな人の話をしない
  • 他の人がいない場所で交流する
  • 連絡は程よくする

という点を意識すると好きバレしにくくなるでしょう。

自分の気持ちは周りに内緒にしておきたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました