スキンケアの正しいやり方!順番を間違えると効果が半減しちゃうかも

   2019/07/05

お肌トラブルを避ける為には欠かせないスキンケアですが、皆さんは正しいスキンケアのやり方を知っていますでしょうか?

お肌は食事や運動など内側からの影響も関わってきますが、外側の正しいケアも知っておかないといけません。

今回は正しいスキンケアをわかりやすくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スキンケアの下準備

まず最初にすること

スキンケアの最初にすることは、洗顔…と言いたいところですが違います。

お肌を洗う前に、手を洗うことが大切です。

洗顔の泡で綺麗になるからと、割りと手を洗ってない人も多いのではないでしょうか?

私自身あまり気にしていなかったです。だって、洗顔泡で綺麗にするんだから、そこまで汚くなければ大丈夫かなぁって思いますよね。

でも手には多くの雑菌がいますので、肌に雑菌がつき肌トラブルに繋がることもあります。

たとえばお買い物などの帰宅後などは、外で色々触れてきているでしょうし、お札や硬貨は、色々な人の手に渡ったものなので汚いなんて言われますよね。

そんな手で手洗いせずに洗顔となれば、もしかしたら手についた雑菌を肌に擦りつけながら肌を洗顔していることになるかもしれません。

なので、まずはじめに手を洗うことが正しいスキンケアの第一歩になります。ちょっとした手間が、肌を正しくケアできますので、心がけましょうね。

クレンジング

洗顔フォームでメイク落としも一緒に行っていませんか?

洗顔もメイク落としも一緒に出来るという洗顔フォームを使っている場合は良いかもしれませんが、まず表面の汚れから落とすことが大事なので、洗顔の前にクレンジングをしっかり行いましょう。

頑固なアイメイクや面積が大きいファンデーションなど、メイク落としは全体をやってしまいがちですが、全体でやるとクレンジングの量を無駄に多く使ってしまったり、大雑把になって強く擦ってしまう可能性があるので、肌部分や目元部分など部分的にメイクを落としていくことがオススメです。

なお、クレンジングする際は優しく撫でるようにしていきましょう。

ホットタオルで効率よく洗顔

どうせ洗顔するなら、毛穴の汚れまできっちり落としたいですよね。

その際にオススメなのがホットタオルです。

軽くしぼった濡れタオルを、500W~600Wの電子レンジで一分温めるだけで簡単にできます。

タオルの熱を手で確認し、顔に乗せられる程度になったら、気になる部分にホットタオルを当てて、毛穴を開いておきましょう。小鼻なんかは毛穴に汚れが詰まりやすいので、鼻のあたりはオススメです。

あまりやりすぎると乾燥になってしまうので、1週間に1、2回ほどにしましょう。乾燥肌の人は、2週間に1回など控えめに行い、肌の具合と相談しながら行ってください。乾燥が目立つ場合はホットタオルはやめてくださいね。

なおホットタオルをする際で注意したいのが、クレンジング後にホットタオルをするということ。

メイクを落とさずにホットタオルをしてしまうと、ファンデーションなどの汚れが毛穴の奥に入ってしまうので、メイクを落としてからにしましょう。

ホットタオルが熱すぎると感じる人は、少し冷まして調整してくださいね。

スポンサーリンク

スキンケアの正しいやり方

使う水の温度

洗顔で使う水の温度によって、肌への影響もだいぶ違ってきますので、使う水の温度はとても大事です。

クレンジングでも洗顔でも、洗い落とす際の水はぬるま湯にするのがオススメです。

ぬるま湯の目安は、人肌よりぬるいもしくはほんの少し冷たいかな?を意識してみてください。熱すぎたり、冷たいものはNGですので、気をつけてくださいね。

ぬるま湯でもお肌が痛みを感じる場合は、水に変更してみるかお医者さんにご相談してみてください。

洗顔

洗う順番は、皮脂の多いTゾーン(おでこ・鼻)からUゾーン(顎・頬)の順番で洗います。

この際、泡で優しく洗うようにしましょう。今は100均などで安く泡ネットが売ってますので、持ってない方はオススメですよ。

泡で優しく洗っていると時間が掛かってしまいそうですが、なるべく1分程度の短時間で済ませるようにしましょう。長時間やっていると、洗顔の洗浄力で肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

洗顔を終えた後、拭くときはタオルで優しくポンポンと肌の水気を取るようにしましょう。ゴシゴシ拭くのは、肌に刺激を与えてしまいますので禁物ですよ。

保湿

洗顔を終えたあとは、とても大切な保湿ですね。どんなに肌を清潔にしても、乾燥してしまっては意味がありません。

保湿と聞くと、化粧水を手に取ってそのままバシャバシャ使ってしまう方も多いかと思いますが、そのやり方はNGです。肌をパンパン叩く方もいますが、その方法も良くありません。

肌は刺激に敏感ですので、優しくつけるのが基本です。

化粧水もただ肌につければ良いと言うものではなく、化粧水を手の温度に馴染ませてから、優しくつけていきましょう。

保湿の順番

保湿といっても、化粧水・美容液・乳液・クリームなど種類が豊富ですよね。

これだけ種類が豊富だと、どの順番でつけるか悩む人も多いかと思います。私もよく悩まされました。

順番としては、化粧水→美容液(orパック)→乳液(orクリーム)の順番が正しいようです。

水っぽいものからつけていき、最後にしっとりした乳液やクリームで蓋をするというイメージのようですね。

ただ使っているメーカーによっては、推奨される順番が違うことがありますので、お使いのメーカーに記載されている方法を優先させてくださいね。

スポンサーリンク

正しくスキンケアして肌を清潔にしよう

以上が正しいスキンケアのやり方でした。

間違ったやり方していたという方は、今日からぜひ正しいケアでお肌を大切にしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事