わざと嫉妬させようとする男女の4つの心理

わざと嫉妬させようとする男性や女性の心理はご存知ですか?

他の異性と仲良くする姿を見せつけてきたり、他の異性を褒めるなど…。

「一体なにがしたいんだろう?」って思いますよね。

今回はそんな嫉妬させようとする男女の心理についてご紹介します。

スポンサーリンク

嫉妬させようとする男女の心理

気持ちを確かめたい

嫉妬させようとする男女の心理として一番に考えられるのは「気持ちを確かめたい」というもの。

嫉妬は好きという気持ちがなければ、まず湧かない感情です。

つまり、嫉妬されれば相手に好意があることが簡単にチェックすることができるわけです。

付き合ってない間柄でも恋人でも、自分が愛されているか気になるもの。

特に言葉や態度で愛情が感じられない相手だと、わざと嫉妬させて愛情確認したくなりやすいです。

なので、脈ありチェックやパートナーの気持ちが冷めていないか確かめるために嫉妬させようとする男女もいるでしょう。

意地悪するのが好き

嫉妬させようとする男女のなかには、単に意地悪するのが好きという場合も。

拗ねたり落ち込んだりする異性の姿を見て楽しむ悪趣味な男女は少なくありません。

好きな人を困らせるのが好きな男女もいれば、自分へ好意を寄せているとわかっていて、もてあそぶ性悪な男女もいます。

どちらにしろ精神的に幼稚なタイプです。

嫌がる態度にますます面白がる傾向がある為、リアクションしないなど相手にしないほうが良いでしょう。

焦りや不安を感じてほしい

嫉妬させようとする男女のなかには「焦りや不安を感じてほしいから」という心理もあります。

付き合っていない関係なら、一向に進展しない関係を促す為にライバルの存在を匂わせたのでしょう。

恋人関係なら、他の異性に目移りや浮気をしないように、目が離せない存在になりたかったことが考えられます。

つまり、貴方以外の異性に取られてしまうかもしれないという心配をさせて、自分へと気を引きたかったわけです。

なので、押してダメなら引くという恋愛テクニックで嫉妬させようとする男女も少なくないかもしれません。

仕返しがしたかった

嫉妬させようとする男女の心理には「仕返しがしたかった」というケースもあります。

貴方が他の異性と親しくしていたり、その人を嫉妬させるような発言をしたことが原因で嫉妬させようとする男女もいます。

その人は自分ばかり嫉妬させられることが面白くなかったわけです。

なので、貴方にも自分と同じように悲しんだりモヤモヤした気持ちになってほしくて嫉妬させようとしたのかもしれません。

貴方がその人以外の異性と頻繁に交流しているのであれば、異性との関わりを控えることで自然と相手もしなくなるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

それでは、今回のまとめです。

わざと嫉妬させようとする男女の心理は主に以下の4つ。

  • 気持ちを確かめたい
  • 意地悪するのが好き
  • 焦りや不安を感じてほしい
  • 仕返しがしたかった

心当たりはありましたか?

嫉妬させようとする男女の心理を理解して、上手く付き合ってみてくださいね。

恋愛
スポンサーリンク
シェア&いいね♡
スポンサーリンク
恋ヲタク
オススメ記事
タイトルとURLをコピーしました