男性の特徴

清潔感がない男性に圧倒的に多い特徴

清潔感がない男は恋愛対象にならない?

清潔感があるだけで女性からモテる!

今回は清潔感のない男の特徴についてご紹介します。

「なんだか女性から避けられる…」という貴方は清潔感がないのかもしれません。

自分に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

清潔感がない男はイケメンでも無理

清潔感がある異性を理想にしている方は多く、特に女性はそのような傾向があります。

しかし清潔感のある男がいいと言われても、具体的に何をすれば良いのかわからない男性も少なくないのではないでしょうか。

まず清潔感という言葉ですが、清潔感の対義語は「不潔」となりますので、清潔感は「汚れがない」という意味で使われます。

よって人に対して「清潔感がある」と使う場合だと、「汚い印象ではない清潔に感じられる人」という意味になるわけです。

ではお風呂に入っていればみんな清潔感があるかというと、もちろんお風呂に入ることで清潔にはなりますが、体を綺麗にしていても他の部分で不潔に感じられては意味がありません。

女性からの印象に「清潔感」は一番左右するといっても過言ではないので、清潔感がない男とはどういう特徴なのかを理解していきましょう。

スポンサーリンク

清潔感がない男性の特徴【髪の毛】

電話をする男性

だらしのないボサボサな髪

寝て起きたようなボサボサな髪では清潔感は感じられません。

ボサボサだとだらしなさも感じられる為、周りからの印象にも悪く影響します。

ヘアブラシは髪を整えるだけでなく髪についたゴミや埃も取ってくれますから、より清潔感が増しますので必ず行うようにしましょう。

ヘアワックスで髪型を作るのも良いですが、見るからにベタベタな感じがわかるほどつけてしまうと、清潔感がない髪になってしまいますので気をつけましょう。

髪や肩にフケがついている

清潔感がない髪の毛として一番に挙げられる特徴は、やはりフケがついていることです。

フケがあると見るからに洗っていないとわかりますから、人から不潔な印象を持たれてしまいます。

ゴミや埃程度なら取ってくれる人も少なくないのでそこまで抵抗はありませんが、フケとなると誰もがお風呂に入ってない男性なんだと判断することでしょう。

黒髪であったり黒い服を着ることが多いと、よりフケが目立ちますから清潔感のない男性として見られている可能性が高いです。

もしお風呂に入っているのにフケが出てしまうという男性は、脂漏性皮膚炎などの病気の可能性がありますので病院で相談してみましょう。

髪がベタついている

髪を洗っていないと皮脂などの脂で髪の毛はベタつくようになります。

ベタついた髪は実際に触らずとも見ただけでわかりますから、髪の毛がべたっとしている男性は清潔感がないと感じられるでしょう。

ベタついた髪の原因はもちろん髪を洗っていないことも一つですが、もし毎日お風呂に入っているのに髪がベタついてしまうならその他に原因があることが考えられます。

主な原因としては、生活習慣・頭皮の乾燥・病気などが考えられるでしょう。

頭皮の乾燥は洗浄力が強すぎるシャンプーだと必要な皮脂まで洗い流してしまう為、体が補おうとして皮脂を過剰分泌させることがベタつきに繋がると考えられるでしょう。

また髪を洗う時に頭皮を傷つけて乾燥させてしまっているなども原因となります。

その他だと先ほどのフケと同様に、脂漏性皮膚炎などによって頭皮や髪の毛がベタついてしまうことも考えられますので、原因を知る為にもまずは病院で相談してみると良いでしょう。

金髪などの派手な髪色

世間から清潔感があると言われる髪色は、大体が黒髪や茶髪などの落ち着いた髪色になります。

なので、金髪など派手に染めた髪だと清潔感を感じられにくいようです。

派手に染められた髪はパサパサと潤いのない傷んでいるイメージがあるので、清潔感がないと思われやすいのかもしれません。

染め直しをしていないムラのある髪

髪を染めてしばらく経つと、地毛の色が出てきてしまいますが、こういった髪のことを「プリン」と呼ばれたりします。

髪の毛は清潔にしていたとしても、プリンのまま放置していると髪に無頓着な印象になり、清潔感がないと思われてしまいます。

黒に戻すなり、髪を染めていたいならしっかり染め直すなりしましょう。

どんな髪色であれ同じ髪色で全体を統一したほうが綺麗に見えます。

髪を洗っているから清潔感があるというわけではなく、髪色にムラがあることでも汚い印象になりますので気をつけましょう。

スポンサーリンク

清潔感がない男性の特徴【顔・体】

笑う男性

ヒゲを整えていない

カッコいいと言われることも多い男性のヒゲですが、その一方で清潔感がないと思う人も少なくないようです。

あまりにも長かったり、手入れがされていないと見てわかるようなヒゲだと汚いと感じられてしまう可能性があります。

またヒゲが似合ってない男性だと違和感を感じられやすい為、カッコいいよりも不潔な印象に繋がりやすいこともあります。

清潔感のある男性になりたいならヒゲを剃るか、なるべく短くして綺麗に整えるようにしましょう。

ムダ毛が目立つ

男性は女性のように毛があっても恥ずかしいという感覚が少ない為、ムダ毛処理をすることもあまりないでしょう。

しかし、あまりにも毛が多かったり濃かったりすると、清潔感がないと思われることもあります。

よって、手・腕・胸に毛が目立つと男性でもあまり良い印象にならないかもしれません。

特に手元は見られることも多いですから、指の毛などはできるだけ処理しておくと清潔感が出るでしょう。

爪が長い

男性に限ったことではないですが、爪を切らずに長いままにしている人は清潔感がない印象になってしまいます。

爪を伸ばしていると爪の間にゴミが詰まったり、洗ってもしっかり菌を落としにくくなる為、不潔でしかありません。

手や爪が綺麗な男性というのは好印象にはなりますが、だからといって爪を伸ばしていることが良いかというとそうでもありません。

きっちりと爪を切っているほうが女性からも好感が高いですから、清潔感を出す為にも爪は短くしておきましょう。

肌が脂っぽい

男性は女性のようにメイクをして顔の脂を防ぐことができない為、どうしても脂っぽくなってしまう男性も少なくないかと思います。

しかし、肌が脂っぽいと不潔に感じられてしまうので、清潔感がない男性と見られてしまうことも。

最近では男性でもメイクをするようになってきましたので、顔のテカりをおさえる化粧品を使うのも有りかと思います。

でも「メイクをするのはちょっと…」と考える男性も多いかと思いますので、そういう男性は顔の脂を拭き取るフェイスシートを使うと良いでしょう。

気になった時にすぐ顔を清潔にすることができますので、持ち歩いておくのにオススメなアイテムです。

眉毛を整えていない

眉毛は顔の印象に影響しやすいパーツとも言われています。

なので、手入れが一切されていない状態の眉毛だと不潔に感じられることも珍しくありません。

ボーボーと生えたままの形の悪い眉毛にしていないでしょうか?

しっかり整えられた眉毛のほうが清潔感がありますから、芸能人を参考するなりして眉毛を綺麗にしましょう。

鼻毛が出ている

イケメンであっても鼻毛が出ていると幻滅してしまう女性は少なくありません。

鼻毛がちょろっと出ているだけで、だらしなさや汚さを感じて残念な印象になってしまうものです。

鼻毛が出ている上に汚れていたら清潔感なんて全くありません。

鼻毛が伸びやすい男性や鼻穴が見えやすいという男性は、鼻を綺麗にするように心がけましょう。

スポンサーリンク

清潔感がない男性の特徴【匂い】

ネクタイを触る男性

体が匂う

体臭に問題がある男性は、清潔感がない印象になってしまいます。

体臭には病気が関連していることもある為、体を清潔にしていても匂ってしまう仕方のないケースもありますが、周りからすればお風呂に入っていない人だと思ってしまうものです。

鼻を押さえたくなるような匂いは人に不快感を与えてしまう為、体臭のエチケットはもはやマナーになっています。

もしお風呂に入っていても不快な体臭がなくならないのであれば、病気の可能性が考えられるかもしれません。

体臭によって人から避けられてしまうこともありますから、もし悩んでいるなら病院で相談してみましょう。

口が臭い

話している相手の口が臭いと思わず顔をしかめてしまいますよね。

口臭がキツいのも清潔感がない男性の特徴の一つになります。

匂いのエチケットは口臭も含まれますので、体臭だけでなく口の匂いにも気にかけるようにしましょう。

また口の匂いだけでなく、歯に汚れや虫歯があるのがわかる男性も清潔感がないと思われてしまいます。

虫歯は歯の健康にも良くないですから治療したり、外出時に歯磨きが出来ない時の為に、デンタルフロスを持ち歩いておいたり、ガムやタブレットなどでブレスケアをするようにしましょう。

香水がきつい

香りを身にまとうことで香りのオシャレを楽しむ香水ですが、あまりにもつけすぎてしまうと清潔感がない印象になってしまいます。

いくら体の匂いではないとはいえ、鼻をつまみたくなるほど香水をつけていては悪臭と一緒です。

なかには体が臭い上に香水まで大量につけている人もいますが、体臭を誤魔化す為に香水をつけているなら絶対にやめましょう。

香水はあくまで香りのオシャレを楽しむものです。汗には制汗スプレーや汗拭きシートを使うようにしましょう。

また香水の香り方はつける場所によっても違うので、元から香りが強いものなのであれば、つける場所を変えたほうが良いかもしれません。

清潔感がない男性の特徴【服装】

靴や靴下が汚れている

髪や服は気にかけるようにしていても、靴や靴下は見落としがちな男性も少なくありません。

靴が汚れていたり、靴下に汚れや穴が空いたままにしてはいないでしょうか?

「オシャレは足元から」と言われるように、靴や靴下が汚れているだけでも清潔感がないと思われてしまうものです。

靴は脱いだらそのままにしてしまいがちなので、汚れたまま履き続ける男性も多いでしょう。靴下も気付いたら穴が空いていたという経験をお持ちの男性も多いのではないでしょうか。

綺麗な靴や靴下を履いていると、きちんとした男性という印象になりますので、こまめに靴や靴下の状態をチェックしておきましょう。

服がヨレていたりシワがある

オシャレをするのは良いことですが、着ている服に清潔感があるかのほうがもっと大切です。

ヨレヨレだったりシワが多い服を着ている男性だと、清潔感がないと感じられてしまいます。

だらしなさを感じるヨレた服やシワだらけの服よりは、綺麗な服をピシッとした着ている男性のほうが清潔感があり格好良く見えます。

アイロンがけが苦手という男性でも、スチームアイロンでやれば難しくなくササッと済ませることができますので、簡単に服の状態を綺麗にすることができるでしょう。

服がきちんとしているだけで清潔感がありますから、着ている服の状態をこまめにチェックすることが大切です。

服に黄ばみやシミがある

体同様、服も洗えば汚れや匂いが落ちますので清潔にはなりますが、洗濯をしてもシミや黄ばみが残っている状態では清潔感があるとは言えません。

いくら洗っているとはいっても、見るからに服が汚れていれば、不潔な印象を抱いてしまいます。

なにより汚れがついたままの服でも、平気で着ていることにだらしなさを感じてしまうものです。

まだ着られるのに処分するのは抵抗があるという方もいるかと思います。お気に入りの服だったりすると、なかなか捨てられないものですよね。

しかし、着ている服というのは自分の印象を左右します。

なので、汚い服を着ていると思われたくないなら、せめて部屋着として着るか、汚れを落としてから着るようにしましょう。

毛玉がたくさんついている

汚れてはいないものの、毛玉がたくさんついた服も清潔感がないと言われる傾向があります。

毛玉は摩擦や静電気によってできてしまうので、「まだそんなに着てないのに毛玉だらけ」と感じる方も多いかと思います。

面倒くさくはありますが、そのまま放置していてはますます酷くなってしまう為、なるべく毛玉が少ないうちにハサミでチョキチョキと取っておくと良いでしょう。

もしくは、スポンジの硬い面かT字カミソリで毛玉を取る方法などもあります。

家にあるもので毛玉を取ることは可能なので、面倒くさいからとそのまま放置することなく、清潔感のある服を着るようにしましょう。

同じ服ばかり着ている

そんなに汚れてないからと同じ服ばかり着るような男性は清潔感がないと思われても仕方ないでしょう。

コートなどのような洗うのが難しい服であれば別ですが、基本的に一度着た服をまた次の日も着ていると汚さを感じます。

同じ服を何着も持っているだけだとしても、周りから見れば昨日と同じ服です。

また似たような服ばかり着ている男性も、洗ってないと勘違いされてしまいますので、なるべく同じようなコーディネートにならないほうが良いでしょう。

清潔感がない男性の特徴【行動】

手を洗わない

色々な物を触り汚れがつきやすい手を洗わないのは不衛生であり、特にトイレに行ってきたのに手を洗ってないようだと清潔感はまるでありません。

実際に手を洗ったかどうかなんてわからないものですが、知り合いが手を洗わない貴方を見て「アイツ、手洗わない奴だからなぁ」と誰かに言ってしまう可能性だってあります。

用を足す時に手が汚れなくても、トイレに行ったら手を洗うようにしましょう。

また手を洗ったのに手を拭かず、濡れたままするのは清潔感がありません。

手を拭くといっても決して服で手を拭いたりしないようにしてくださいね。

咳やくしゃみを押さえない

咳やくしゃみをされると、汚いと感じる人も多いでしょう。

我慢できるものではないので仕方のないことではありますが、手や布で押さえない状態でされると不快感があります。

周りに配慮しない人だと、平気で人に向かって咳やくしゃみをする人も少なくありません。

なかには唾を飛ばすような非常識な人もいます。

よって、そのような男性だと清潔感は感じられませんので、咳やくしゃみが酷い時にはマスクを装着したり、手や布で遮るようにしましょう。

食べ方が汚い

食べ方が汚いと下品ですし、清潔感がない人にも思われます。

口の回りに食べ物のカスやソースがついていたり、テーブルや服に食べ物を落としているような食べ散らかす男性は清潔感を感じられません。

家でもさぞかし服に食べ物をこぼしたり、床に食べ物のカスが落ちているのだろうと思ってしまいます。

食べ方に気をつけるというのは、一緒に食べている人が不愉快にならない為の配慮でもあります。作ってくれた人にも汚く食べてしまっては失礼です。

こぼさないように小さくしてから食べるように工夫したり、手を受け皿にして落ちないようにするなど、汚いと思われないような食べ方を心がけましょう。

あちこち掻いている

虫さされやアトピーなどであれば仕方ありませんが、常に体を掻いているような男性だと不潔な印象を与えてしまいます。

いつも頭や体を掻いている男性だと、お風呂に入ってないと思われても仕方ありません。

肌の乾燥やチクチクした服などによって痒くなってしまうという男性は、保湿をしたり肌が痒くならないような服を着るようにしましょう。

肌を掻くという行為は肌にも良くありません。バイ菌が入りやすくなったり、肌が黒ずんでしまうことにも繋がりますので、なるべく控えるように改善しましょう。

清潔感がない男性の特徴【部屋】

食器を溜めたままにしている

ご飯を食べた後はすぐに食器を洗う気にはなれない方も多いでしょう。

しかし、食器を溜めたままにしていると衛生的に悪く、清潔感のない部屋になってしまいます。

特に長時間食器をつけ置きしてしまうと、菌がとてつもなく増殖してしまうと言われています。

つけ置きして洗いやすくしておき、一気に洗ったほうが効率的に思うかもしれませんが、衛生的にはあまり良いとは言えません。

なので食べ終わったらすぐに洗うか、なるべくその日のうちに洗うようにすると清潔感のある部屋になります。

部屋が臭い

部屋が汚れていなくても、臭いというだけで清潔感がないと感じられてしまうことに繋がります。

いつの間にか生活臭というのは染み付いてしまっていますから、なかなか自分では気付かないものです。

衣類や家具に消臭スプレーを使ったり、部屋に芳香剤やアロマポットなどを置いて、生活臭のしない空間にしてみましょう。

他にも観葉植物には空気清浄効果を持つものもありますので、観葉植物を置いて清潔感のある部屋にするのもオススメです。

物が溢れている

綺麗な部屋というのは無駄な物がなく、整理整頓された空間である傾向があります。

物が溢れていたり散らかり放題な部屋は、ゴミや埃がなかったとしても汚いと思われてしまい、清潔感があるとは言えません。

物でゴチャゴチャとした部屋になってしまっているのであれば、不必要な物は処分してスッキリとした空間にしましょう。

ゴミとして捨てても良いですし、お金になりそうな物は売ったほうが失った感が強くないかもしれません。また身近な人にあげるのも喜んでくれるかもしれません。

なんでもかんでも処分してしまうと後悔することもありますから、本当に必要な物とそうでない物をよく考えてから処分しましょう。

ゴミや埃がある

清潔感のない部屋といえば、ゴミや埃があるのが一番思い浮かぶ特徴です。

掃除をしていないことが一目瞭然ですから、清潔は当然感じられません。

部屋の埃は床だけではなく、家具や壁にもついていますので、「掃除は上から」を意識するのがオススメです。

ゴミや埃がある部屋は空気も汚いですから、掃除を終えた後はしっかり換気もして、清潔感のある部屋にしましょう。

清潔感がない男性の特徴【持ち物】

スマホの画面が汚い

意外にも他人のスマホの画面の汚れを気にする人は少なくないようです。

スマホの画面に指紋やゴミを沢山つけたままにしていませんか?

汚れがあると画面が見づらくなりますから、大抵の人は無意識に拭いていることが多いかと思いますが、汚れに抵抗がない人だとずっとそのままにしてることも少なくありません。

そういったところで人から「清潔感がない」と思われてしまうので、スマホだけに限らず自分が使っている物の汚れはそのまま放置せずに、綺麗な状態にしておくようにしましょう。

整理整頓されていない

デスクやロッカーや鞄の中などは自分の好きなように使っている為、その人の人間性が表れやすいところでもあります。

デスクの上が汚い人はきちんとしているようには見えませんし、ロッカーや鞄の中などの見えない部分だからといって整理整頓がされていない人も、結局だらしないことにはかわりありません。

物が散らかっている状態では清潔感はないですから、周りの人から見て綺麗にしてあると思われるようにしておきましょう。

整理整頓ができない人は大抵「ここに置く・しまう」という考えがない傾向があります。

必要な物だけを残し、どこにそれを置く・しまうかを決めれば散らかることなく、清潔で綺麗な空間になることでしょう。

財布の中がレシートだらけ

仕事などで領収書を取っておく必要がない限り、基本的にレシートはゴミでしかありません。

財布の中がレシートでたくさんだと、ゴミを溜め込んでいる清潔感がない男に思われてしまいます。

ついつい財布にレシートを溜め込んでしまうという男性はキャッシュレス決済にして、財布を持たないようにすると良いかもしれません。

いつも同じハンカチを使っている

ハンカチを持ち歩いている男性は清潔感があり好印象ではありますが、いつも同じハンカチを使っていては不衛生です。

鞄に入れっぱなしなんだと汚く思われてしまいます。

違うハンカチでも似たような物であれば同じハンカチにしか見えませんから、なるべく色々なハンカチを買っておくと良いでしょう。

まとめ

以上が清潔感のない男性についてでした。

イケメンでも清潔感がなかったらガッカリされてしまいます。

逆にイケメンじゃなくても清潔感がある男性は好印象です。

恋愛でも人間関係でも清潔感があるにこしたことはありません。だらしない・汚いと思われるようなことはしないように生活していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました