香水のつけ方次第で好印象に!男性に人気な香りもご紹介♡

   2019/07/15

香りはその人の印象として強く残るものですよね。

その人がいなくても香りが残っていれば、あの人がいたんだなとわかるぐらい記憶に残るものです。

香水はお洒落の一種として香りを楽しむものですが、その香水も付け方などを間違えると、相手に不快感を与えてしまいます。

今回は香りをつける香水について、種類による特徴や香水をつける際にオススメな場所とそうでない部分をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

男性に人気な香水の香り

香水は自分が好きなものをつけるのが一番ですが、どんな香りが良いか悩んでる人は参考にしてみてください。

石鹸の香り

素朴で馴染みのある香りなので、石鹸の香りは好印象な男性も多いようです。

石鹸の香りだと、香水というイメージとは感じにくいので、そこが良い印象になるのかもしれません。

特に気に入る香りがない時は、石鹸の香りがオススメです。

柑橘系の香り

レモンやオレンジなどの柑橘系は爽やかな印象を与えるので、甘ったるい香りが苦手な男性には柑橘系の香りが良いという方も多いようです。

柑橘系が苦手という人は多くないかと思いますので、男性にも女性にもウケがいい香りかもしれません。

果物系の香り

ピーチやベリー系の甘い香りは好きな女性も多いかと思います。

こういった甘い香りは女性らしさを演出してくれるので、男性ウケにもいいという場合が多いようです。

ただあまりにも香りが甘ったるいと、苦手という男性もいるので香水の付けすぎには気をつけたほうが良いでしょう。

フローラルな香り

上品な香りである花の香りのフローラル系は大人な女性を演出してくれる上、香りも甘すぎないところが男性にも良いようです。

大人な雰囲気を出したい時には、フローラル系の香りをつけると良いかもしれません。

スポンサーリンク

香水をつけるのにオススメな部分

自分の好きな部分で構わないとは思いますが、こういう場所につける場合もあるんだなぁという参考になればと思います。

耳の後ろ

耳の後ろはフェロモンが出ているため、コットンで軽くつけると、フェロモンと香水が混ざり、異性を意識させることが期待できます。

ただ顔まわりにつけると、香りやすい場所でもあるので、やや上級者向けかもしれません。

おへそ

おへそってあまり聞いたことないですが、おへそは身体の中心に位置するので、遠からず近過ぎず、程よく香ってくれる期待が出来ます。

コットンで軽くポンポンとつけると良いですよ。

太もも

寒い時、太ももの間に手を入れて温める方もいるのではないでしょうか。

太ももは熱があるため、香りがたちやすい場所でもあります。

香水はつけすぎたくないけど、もう少し香りがたってくれればなぁ…という時は、太ももの間につけてみてはいかがでしょうか。

足首

足元につけることでふわっと香るので、自然に香らせたい時に足首につけると良いかと思います。

どんなに良い香りでも強過ぎると不快感を与えてしまいがちですので、香りの強い香水は足首などにつけて香らせるのがオススメかもしれませんね。

指先

指先に香水をつけておくことで、相手に触れた時に貴方の香りを相手にさり気なくつけることが出来ます。

そうすることで、その人が貴方と離れた後も、その香りから貴方のことを連想させ、意識させることが出来るかもしれません。

ただその人の好きな香りで印象づくならいいのですが、嫌いな香りで印象づくと逆効果になりそうなので、注意が必要かもしれないですね。

指先につける際は、コットンなどで軽くつけると良いですよ。

スポンサーリンク

オススメできない香水をつける場所

香水をつける場所は人それぞれですから、ここが駄目とは言えませんが、以下のような部分につけるのはオススメできないと言われています。

手首

香水といえば、軽く手首につけるイメージですね。

手首は動かすことが多く、相手に香りが届きやすい場所でもあるため、手首につけるとしたらオーデコロンのような軽い香水をつけましょう。

強い香水だと相手に不快感を与えてしまいやすくなります。

こちらも手首と同じく香水をつけがちな部分ですね。

しかし、首の位置につけると香りやすいため、香水の匂いが強過ぎて不快感を与えてしまう恐れがあります。

また香水の種類によっては、日光を浴びた際にシミの原因になってしまう場合もあるらしいので、首だけにかかわらず肌が見えている部分に香水をつけるのは控えたほうが良いかもしれません。

肌につけがちな香水ですが、あえて肌にはつけず、香り袋として香水を楽しむのも良いかもしれませんよ。

スポンサーリンク

こんな場所では香水は控えよう

出掛ける際に香水はつけるのが当たり前と思っているかもしれませんが、以下のような場所では香水をつけるのは控えたほうがよいでしょう。

レストラン

食事は料理の香りも楽しむものですから、香水の匂いが邪魔して不快に感じる方もいるでしょう。

食事に行くとわかっている時は、周りのことを考え、控えたほうがよいかと思います。

葬儀場

わざわざ香水をつけていく場所ではないですので控えましょう。

病院

葬儀場と同じく香水をつけていく必要性はないですね。

体調の悪い人がいるわけですから、周りのことを考えて控えましょう。

スポンサーリンク

香水は周りの人の事も考えよう

香水は自分に香りを付けてお洒落感覚でするものですが、メイクや服と違って、香りは周りに影響を与えるものですから扱いには注意が必要です。

香水は場所などを考え、つけすぎないように気をつけましょう。

女性のおしゃれアイテムの香水ですが、おまじないなんかにも利用されるようです。良かったらオシャレのついでに試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事