恋愛テクニック

婚活にもオススメ!メラビアンの法則を恋愛で活用する方法

印象をアップさせる方法ってご存知ですか?

印象の良い異性は恋愛対象にもなりやすいですよね。

では、印象を良くするにはどうしたら良いのでしょうか?

愛想の良さは勿論ですが、それだけではありません。

今回ご紹介するのは、人の印象を決めるメラビアンの法則についてです。

これを知っておくと、恋愛でも印象をアップすることに期待できます。

どんな相手にも効果的ですが、特に初対面やあまり話したことのない相手だとより効果を発揮します!

今回はメラビアンの法則を恋愛で活用する方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

メラビアンの法則とは

三つ編みの女の子

まず、メラビアンの法則についてのご紹介です。

メラビアンの法則とは、アルバート・メラビアンが提唱したもので、

人の印象は『視覚・聴覚・言語』で決められるというもの。

  • 視覚による印象は55%
  • 聴覚による印象は38%
  • 言語は7%

それぞれ人の印象に影響を与える割合があります。

人は見た目が9割なんて言われるように、視覚による影響が一番大きいようですね。

なお、この割合から『7-38-55のルール』と呼ばれたりもします。

視覚

まずは、最も人の印象に影響を与えるとされる『視覚』について。

視覚とは見た目を指します。

  • 表情
  • 態度
  • 仕草
  • 身だしなみ

などが視覚による印象に影響を与えるもの。

視覚による印象というのは、相手の人柄や感情が伝わりやすいです。

例えば、いくら言葉で「すごいね」「楽しかった」と言っていても、

顔が無表情だと「本当にそう思ってる?」と不信感や不快感を抱かれてしまうということになります。

見た目は強く印象を左右しますので、ぜひ気をつけたいところですね。

聴覚

電話をする男性

聴覚とは、声の大きさや会話のテンポなどを指します。

小さな声だと聞こえにくいですし、大きな声だとうるさく感じられる為、相手を不快にさせる恐れがあります。

また、会話のテンポが遅すぎたり速すぎると、相手は「話すリズムが合わない」と疲れてしまいます。

心地よい会話にすることで好印象になれます。

言語

メラビアンの法則における『言語』とは会話の内容のことです。

興味のない話・つまらない話・不快感のある話をする相手の印象はどうでしょうか?

あまり良くは感じられませんよね。

言語はメラビアンの法則の割合で『7%』と低いですが、

コミュニケーションが楽しい人や面白い話ができる人はモテる傾向がありますよね。

なので、いくら7%といっても、恋愛では会話の内容を重視されやすいので、

視覚や聴覚ばかりを良くするのではなく、言語も意識する必要があるでしょう。

それでは、メラビアンの法則を恋愛で活用する方法をご紹介!
スポンサーリンク

メラビアンを恋愛で活用する方法

表情を意識する

笑顔でピースする女性

人と関わる上でコミュニケーションは欠かせません。

そのコミュニケーションでメラビアンの法則を意識するなら、視覚に当たる『表情』が一番のポイント。

笑ったり驚いたり悲しそうにしたり真剣な表情をしたりと、会話に合わせて表情を作りましょう。

無表情というのは印象を悪くします。当然、つまらなさそうな顔や嫌そうな顔も良くありません。

話を聞いてもらう側は、

楽しんでくれてるかな?

共感してほしいな

と思っていますから、言葉だけでなくちゃんと表情でリアクションしてあげましょう。

表情もコミュニケーションの一つ!

清潔感を出す

見た目は強い印象を残します。

特に清潔感は大切!

不潔な人は恋愛だけでなく、仕事や人間関係でも悪影響を及ぼします。

恋愛だと相手にされない可能性大ですので、まずは清潔感を出しましょう。

清潔感のない人の特徴は、

  • ゴミが詰まるほどの長い爪
  • ベタベタした髪や肩に落ちるほどのフケ
  • 口臭や体臭がクサイ
  • 歯がボロボロで汚い
  • 毛玉だらけ・ヨレヨレの古い服

などになります。

上記に当てはまる人はぜひ改善しましょう。

清潔感がないと、汚い印象やだらしない印象になるので注意!

落ち着きのあるファッション

鏡の前で化粧をする女性

ファッションによる見た目も重要です。

貴方は良いと思っていても、相手からすれば「うわぁ…」と思うようなファッションでは印象は良くありません。

個性的で万人受けしないファッションやギャルのような派手なファッションは避けましょう。

髪型・服装・メイクなどを異性ウケの良いものにして、見た目で敬遠されないよう気をつけるのが好印象のポイントです。

落ち着きのある無難なファッションがオススメ!

ハキハキと明るく話す

話し方による印象は、声のトーンと会話のテンポで決まります。

声のトーンはいつもより少し高めを意識すると好印象!会話のテンポは

  • 返事にモタモタして相手を長く待たせない
  • 相手の話を無視して中断させて自分の話をしない
  • 相手が楽しそうに話しているのに話題を変えない
  • 自分の話ばかりしない

などに気をつけると良いでしょう。

基本的に明るくハキハキと話すのが好印象!

楽しい会話を心がける

眼鏡を持ちながら女性に話す男性

会話の内容(言語)による印象は、やはり楽しい会話を心がける必要があります。

とはいえ、相手が楽しめる会話を意図的にするのも難しいものですよね。

なので、相手が関心のある話題を心がけるのが良いでしょう。

相手の好きなものや趣味の話をすれば、楽しい印象を持ってもらいやすいです。

ただそのことについてあれこれ質問するよりは、一緒に話ができるほうが好印象ですので、

事前に勉強をしておくと、会話が盛り上がることができるかもしれません。

電話で話す時は感情が伝わるようにする

普段話す時と電話する時は、さほど意識することは変わりませんが、

電話だと一番影響を与える視覚がない為、特に『聴覚』と『言語』に気をつける必要があります。

  • 明るく電話に出る
  • 声のトーンで感情を伝える
  • リアクションをして話に興味がある&楽しんでいることをアピール

などを意識してみましょう!

明るく電話に出ると、電話をかけた人は迷惑じゃないことがわかり、良い気分で電話をすることができます。

また、表情がわからない電話では、感情が伝わる声のトーンやリアクションは良い印象を与えます。

会話の内容によって声を高くしたり低くしたり、笑ったり驚くなどリアクションを取ってみましょう。

スポンサーリンク

メラビアンの法則を恋愛で活用する際のポイント

初対面やあまり関わりがない人に対してオススメ

ベンチに座る寂しげな女性

このメラビアンの法則は、相手に自分の印象が付いてしまっている人よりも、

初対面だったり、あまりコミュニケーションを取ったことのない人に対して特に効果的とされています。

もちろん、普段会う人でも好印象になる期待はあります。

しかし、これから好きな人と距離を縮めたい人だったり、

恋活や婚活などで出会いの場に行く人のほうが、メラビアンの法則を活用すると特に好印象になれるでしょう。

既に印象付いている人はメラビアンの法則ではなく、以下の心理学を利用した他のテクニックをオススメします!

メラビアンの法則は出会ったばかりの時に応用するほうがオススメ!

偏らないこと

メラビアンの法則では、見た目による影響が55%と大きい割合です。

しかし、視覚の条件が満たせていれば良いというわけではありません。

いくら視覚で印象を良くしても、聴覚と言語が悪ければ恋愛対象にならない可能性があるためです。

声の大きさや話すテンポに不快感があれば、コミュニケーションを取りたくないと思うでしょう。

話す内容がつまらなければ、一緒にいたくないと思われるでしょう。

よって、メラビアンの法則を恋愛で活かす際は、視覚・聴覚・言語のバランスを取るようにしましょう。

自然体でいることも大事

不満そうな女性

メラビアンの法則は、印象を悪くしない為に良く振る舞うわけですが、自然体でいることも一つです。

なぜなら、もしその人と上手くいったら、ずっと良く振る舞っていくことになるからです。

普段クールな人が笑顔を心がけて明るい印象を与えても、

いつかは気が緩んで、本来の姿を見せることになるでしょう。

なので、メラビアンの法則を恋愛に活用するのであれば、

ずっとその振る舞いを続けていく決心をして行いましょう。

自分とは正反対な振る舞いに疲れたり、そのうちボロが出そうならしないほうが無難です。

メラビアンの法則は今だけ良ければいいと思わずに活用しましょう。
スポンサーリンク

まとめ

それでは、メラビアンの法則についてのまとめです!

メラビアンの法則を恋愛で活用する方法は

  • 表情を意識
  • 清潔感を出す
  • 落ち着きのあるファッション
  • ハキハキと明るく話す
  • 楽しい会話を心がける
  • 電話で話す際は感情が伝わるようにする

メラビアンの法則を恋愛で活用する時のポイント

  • 関わりがない人に効果的
  • 視覚・聴覚・言語をバランスよく
  • 自然体でいることも一つ

ぜひ、メラビアンの法則を活用して好印象になれるよう心がけてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました