男心も複雑?会いたいと言わない男性心理って?

   2019/02/13

なかなか好きな男性や彼氏から「会いたい」と言われないことが多く、寂しい気持ちやもどかしい気持ちになっている女性もいるのではないでしょうか。

今回は『会いたいと言わない男性心理について』をご紹介したいと思います。

意外と男性も色々悩んだり考えているようですよ。

スポンサーリンク

会いたいと言わない男性心理

照れ屋

女性に甘えるのが苦手なクールな男性だと、なかなか自分から「会いたい」と言い辛いようです。

好きだからこそ会うことに躊躇してしまうような男性もいるので、女性から「会えなくて寂しい」というような言葉があれば、そんな男性の背中を押すことができるかもしれません。

時間がない

会いたいと女性に言えば、デートという発想の男性も多いです。

なので、男性側は少しだけ会って話すだけでも…とは思っても、相手の女性はデートをしたいのだろうなと思ってしまい、気軽に誘えないという男性もいます。

お金がない

男性といえど、社会人としての付き合いや自分の趣味や遊びでお金を使うことも多いでしょうから、好きな女性とのデートに使うお金がないということもあります。

最近の若い人は割り勘が当たり前のようですが、男性のなかには女性にお金を払わせたくないといった頼もしい男性もいます。

そういった男性だと、お金の都合がつかないから、今デートしても女性に迷惑掛けたり、自分のカッコ悪い姿を見られるだけだと、「会いたい」と言うことを躊躇する男性もいるでしょう。

恋愛に臆病

恋愛に臆病な男性だと、断られたらどうしようというような考えがあり、なかなか「会いたい」と言う勇気が持てないこともあります。

恋愛経験が乏しい草食系男子などは、特に女性へのアプローチに消極的なので、そういった男性には女性のほうから誘ったほうが会ってくれるかもしれません。

一人でいたい

仕事などが忙しく、肉体的にも精神的にも疲れているという場合、誰でも一人でいたいと思いますよね。

もしかしたら、相手の男性は疲れているため「会いたい」と言ってこないのかもしれません。

「仕事が忙しくて…」なんていうと、他の女性と関わりたくて断る口実のように聞こえますが、なかには本当に仕事が忙しいという男性もいるでしょう。

甘えられたい

なかには女性のほうから「会いたい」と言われたい甘えられたがりな男性もいます。

また、恋愛で自分のほうが優位に立ちたいと考えているようなドS男子やプライドの高い男性にもそういった心理傾向があるかもしれません。

ドS男子やプライドの高い男性からすると、自分から「会いたい」と言うとなんだか自分のほうが追いかけてる感じが強く出ているように思えて、負けた気分になるのだと思われます。

どうせなら女性のほうから「会いたい」と甘えられるように言われたほうが、自分を求められている感じがしますから、そういった優越感に浸りたいという男性は自分からは「会いたい」と言わない傾向があるでしょう。

なかなか落とせないような女性だと、逆にムキになってしつこく誘ってくるプライドの高い男性などもいます。

体目的と思われたくない

なかには”体目的の男”という風に女性の目に映るんじゃないかと心配して、「会いたい」と言わない男性もいます。

自分の行動が女性にとっては”遊んでいるような男”に見られてしまうのではないかと不安になり、頻繁に会うことを躊躇してしまうようですね。

そういう場合は、喫茶店などを指定して「お昼ご飯だけでもどうかな?」と誘ってみると、男性も気軽に会おうとするかもしれません。

そもそも会いたいとすら考えてない

何回か会ってみて興味を失ったという場合は、当然「会いたい」とは言わなくなるでしょう。

その場合、些細な連絡のやり取りすらなくなり、自然とフェードアウトする可能性が高そうです。

スポンサーリンク

男性が会いたいと言わないのは様々

以上が会いたいと言わない男性の心理についてでした。

男心もなかなか複雑なのですね。

気になっている男性は、どの心理に当てはまりましたか?

性格や人柄を参考にして考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事